首位・巨人、劇的連敗ストップ!代打・重信がプロ初のサヨナラ打

[ 2019年7月23日 21:08 ]

セ・リーグ   巨人6―5ヤクルト ( 2019年7月23日    京セラD )

<巨・ヤ>9回無死一、二塁、サヨナラ打の重信(右から3人目)はナインの手荒い祝福を受ける(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 首位の巨人は終盤に救援陣が同点に追いつかれるも、9回に代打・重信が劇的なサヨナラ打。連敗を4でストップした。

 初回に1番・若林が左前打で出塁すると、坂本勇が四球を選んで出塁。丸は空振り三振に倒れたが、岡本が一、二塁間を破る先制の右前適時打を放った。さらに5番起用となった亀井が遊撃へ適時内野安打を放つと、陽も左前へ適時打。3連続適時打で3点を奪うと、1死満塁から小林の押し出し死球でもう1点を追加した。

 先発の山口は直球の走り、決め球のフォークの切れも抜群で4回までを無安打投球。11勝目はならなかったが、8回途中を4安打に抑える力投を見せた。

 山口の後を受けた2番手のデラロサが8回2死一、二塁から青木に同点3ランを被弾。それでも9回先頭の岡本が中前打で出塁すると、続くビヤヌエバの犠打を一塁・村上がファンブル。無死一、二塁から代打・重信が左越えにサヨナラ打を放った。

 ヤクルトは先発のブキャナンが初回に4点を失う乱調。8回に青木の12号3ランで同点に追いついたが、9回に4番手の近藤がサヨナラ打を浴びた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月23日のニュース