阪神・梅野 押し出し四球&スクイズ“地味な”2打点でチームに貢献

[ 2019年7月23日 21:08 ]

セ・リーグ   阪神―DeNA ( 2019年7月23日    甲子園 )

<神・D>8回、2死満塁、勝ち越しの押し出し四球を選び、ガッツポーズで喜ぶ梅野 (撮影・成瀬 徹)
Photo By スポニチ

 阪神の梅野が“地味な”2打点でチームに貢献した。

 同点に追いついた8回2死満塁で迎えた第4打席。フルカウントまで粘ると、パットンから逆転となる押し出し四球を選んだ。小さくガッツポーズをして一塁へ向かった正捕手。

 5回1死一、三塁では先制のスクイズを決めるなど、派手とはいかなかったが、価値ある働きで存在感を示した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月23日のニュース