中日・京田がノッてきた 2回に2点適時打を放ち、16日から5打席連続ヒット「初球から積極的に」

[ 2021年5月18日 18:39 ]

セ・リーグ   DeNA―中日 ( 2021年5月18日    横浜ス )

<D・中(10)初回2死一、三塁、高橋の左前適時打で生還した京田(左)を迎える中日・与田監督(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 中日・京田が5打席連続安打となる適時打で追加点をもたらした。

 1―0の2回2死二、三塁から大貫のフォークを捉え右前に運んで二者生還。リードを3点に広げる一打に「チャンスだったので、初球から積極的に振っていこうと打席に入った」と振り返った。

 京田は16日のヤクルト戦で第3打席から3安打猛打賞。試合をまたいでこの日は初回の第1打席でも中前打を放ち、この適時打で5打席連続安打となった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「稲葉篤紀」特集記事

2021年5月18日のニュース