大谷 メジャートップ13号 高めボール球“フレッチスペシャル”「もっと打てるように頑張りたい」

[ 2021年5月18日 14:10 ]

ア・リーグ   エンゼルス7-4インディアンス ( 2021年5月18日    アナハイム )

13号3ランを放った大谷(AP)
Photo By AP

 エンゼルスの大谷翔平投手(26)は17日(日本時間18日)、本拠地でのインディアンス戦に「2番・DH」で出場。2回の第2打席で2試合連続、両リーグトップとなる13号3ランを放った。メジャー通算60号となった。大谷はこの日3打数1安打3打点2四球。チームは7-4でインディアンスを下し、2連勝した。

 インディアンスの先発左腕・ヘンジスが投じた、肩ほどの高さの外角高めのボール球をとらえ、右越えへ弾丸ライナーを放り込んだ。

 大谷は試合後、中継局のインタビューに応じた。両リーグトップの13号に到達できた要因として「毎日同じことをなるべくやって、毎日同じリズムでゲームに入りたいなと思っています」。さらにマドン監督との関係性を聞かれると「期待して使ってもらっているので1試合1試合、期待に応えられるように頑張っていきたい」と力を込めた。

 高めのボールに反応したことについてレポーターから「高めのホームランは(フレッチャーが得意なゾーンで)フレッチスペシャルなんですけど、フレッチャーはどんな反応でしたか?」」と聞かれると「(フレッチャーも)良い反応していた。もっともっと打てるように頑張りたい」と答えた。

 有観客となり「去年と全然違うし、入れば入るほど選手は頑張れると思うので、もっともっとたくさんの人の前でプレーしたい」と話し、次回の19日(同20日)インディアンス戦での先発へ「楽しみにしています。まず明日あるので、昨日も勝ってますし、連勝できるように頑張りたい」と力を込めた。

 レポーターが日本語で「アリガト!マタネ!」と声をかけて締めると、大谷は「Thank you」とにこやかに返して、インタビューを終えた。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年5月18日のニュース