大谷翔平 両リーグ単独トップ13号! 興奮の逆転V弾から2戦連発 驚がく悪球打ち メジャー60号

[ 2021年5月18日 14:03 ]

ア・リーグ   エンゼルス7ー4インディアンス ( 2021年5月18日    アナハイム )

13号3ランを放った大谷(AP)
Photo By AP

 エンゼルスの大谷翔平投手(26)は17日(日本時間18日)、本拠地でのインディアンス戦に「2番・DH」で出場。2回の第2打席で2試合連続、両リーグトップとなる13号3ランを放った。メジャー通算60号となった。大谷はこの日3打数1安打3打点2四球。チームは7-4でインディアンスを下して2連勝した。

 インディアンスの先発左腕・ヘンジスが投じた、肩ほどの高さの外角高めのボール球をとらえ、右越えへ弾丸ライナーを放り込んだ。飛距離は431フィート(約131メートル)、打球速度は106マイル(約171キロ)だった。1点を追う初回の第1打席は四球で出塁し、暴投などで三塁へ進塁。4番・レンドンの遊ゴロの間に同点のホームを踏んだ。4回の第3打席は四球、6回の第4打席、8回の第5打席はともに見逃し三振だった。

 16日(同17日)のレッドソックス戦では5打数1安打ながら9回2死から起死回生の逆転2ラン。値千金の1発でチームは最下位から脱出。両リーグトップタイの12本塁打とした。前夜の興奮が冷めやらぬまま、2戦連発に本拠地のファンも歓喜に沸いた。

 前日までの通算打撃成績は37試合149打数39安打29打点、6盗塁12本塁打で打率・262。

 投げては、試合前にブルペンで21球の投球練習を行い、6、7割程度の力で全球種を投げ込んだ。今季6試合目の先発は19日(同20日)の同戦の予定で今季2勝目を目指す。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年5月18日のニュース