阪神ドラ6中野が「2番・二塁」小幡は「8番・遊撃」で今季初先発 ヤクルト戦スタメン

[ 2021年5月18日 17:21 ]

セ・リーグ   阪神―ヤクルト ( 2021年5月18日    甲子園 )

阪神・中野
Photo By スポニチ

 阪神はここまで全試合2番で先発出場していた糸原がベンチスタート。16日の巨人戦後に矢野監督は「ずっと出ているから。足の張りもずっとあったし、そういうところでは無理はさせたくない」と話していただけに、コンディションを考慮して休養に充てたと見られる。代わってドラフト6位の中野が初めて「2番・二塁」で先発。14日に1軍に昇格した小幡は「8番・遊撃」で今季初先発となった。先発の西勇は4月20日以来の4勝目を目指す。

 【阪神】
 1(中)近本
 2(二)中野
 3(一)マルテ
 4(三)佐藤輝
 5(左)サンズ
 6(右)ロハス
 7(捕)梅野
 8(遊)小幡
 9(投)西勇

 【ヤクルト】
 1(中)山崎
 2(捕)中村
 3(二)山田
 4(三)村上
 5(一)オスナ
 6(左)青木
 7(右)サンタナ
 8(遊)元山
 9(投)サイスニード

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年5月18日のニュース