中日・近藤がプロ初昇格 育成出身ながら今年の球団新人では1番乗り

[ 2021年5月18日 16:14 ]

<D・中10>マウンドの感触を確かめる近藤(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 NPBの公示が18日発表され、中日の近藤廉投手(22)がプロ初昇格を果たした。

 20年育成ドラフト1位で入団した近藤は春季キャンプ、2軍で成績を残し、3月30日に支配下登録されたばかりの左腕ルーキー。
 直球がスライダー気味に右打者の内角へ食い込む「真っスラ」が武器で、ウエスタン・リーグでは10試合に登板し、2セーブをマークしている。

 育成出身ながら今年の球団新人ではドラ1・高橋宏やドラ2・森を抑えて昇格1番乗りとなった。

 札幌学院大初のプロ野球選手でもあり、今月末には札幌ドームで日本ハムと交流戦も控えているだけに、このまま1軍でアピールを続ければ凱旋登板も現実味を帯びてくる。
 

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年5月18日のニュース