巨人・戸郷、今季2敗の広島からリベンジ! 1カ月ぶり勝利で今季3勝目

[ 2021年5月18日 21:01 ]

セ・リーグ   巨人7―2広島 ( 2021年5月18日    東京D )

<巨・広>6回2失点と粘りの投球を見せた巨人先発の戸郷(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 巨人は18日、本拠地・東京ドームで広島と対戦し7―2で逆転勝利した。

 今季の2敗が全て広島からと雪辱に燃える戸郷は初回から飛ばした。4回まで5三振を奪うパーフェクト投球。しかし5回に先頭の4番・鈴木誠に右二塁打の初ヒットからリズムを崩すと2失点した。

 打線は0-2の5回、先頭の若林が低めの変化球にうまく合わせて中越え二塁打でチャンスメーク。続く吉川が二ゴロの進塁打で最低限の仕事で1死三塁とし、炭谷が中前打を放ち1点を返した。その後、2死一、二塁の場面で21試合連続安打と好調のウィーラーが右翼フェンス最上部直撃の二塁打を放ち逆転した。

 援護をもらった戸郷は直後の6回に2死満塁のピンチもクロンを高めの直球で一邪飛に抑え、6回2失点と勝ち投手の権利を得て降板。2番手で登板した野上は先頭の林に中前打を打たれ無死一塁。宇草に1ボールとした後に一塁けん制。直後に自ら手を挙げてタイムを取り、ベンチを見た。そしてトレーナーに付き添われ、ベンチへ下がり、わずか4球での降板となった。緊急登板となった3番手・高梨が後続を抑えて無失点で乗り切った。

 3ー2の7回2死一塁から4番・岡本和が2番手・コルニエルが2ストライク2ボールから投じた外角高めのスライダーを右翼席へ2試合連続となる10号2ラン。続くスモークも初球の158キロ直球を完璧に捉えた。今季4号となるソロで日米通算200号を達成。8回には梶谷がこの日3安打目となる左翼フェンス直撃のダメ押し打を放った。

 巨人は9回にこの日、1軍に戻ってきたビエイラがマウンドに上がるも制球が定まらず1死満塁とし降板。後を受けた戸根がわずか2球で無失点に抑えて守り切った。戸郷は6回97球を投げ、5奪三振2失点の粘投で、4月17日DeNA戦(横浜)以来の今季3勝目。広島からは今季初勝利となった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「稲葉篤紀」特集記事

2021年5月18日のニュース