西武・外崎が打撃練習を再開 前半戦での実戦復帰目指す

[ 2021年5月18日 07:14 ]

西武・外崎
Photo By スポニチ

 左腓骨(ひこつ)骨折でリハビリ中の西武・外崎修汰内野手(28)が今月に入り、室内練習場で打撃練習を再開した。4月3日のソフトバンク戦で死球を受け、同6日に東京都内で患部の固定術を受けていた。

 辻監督は「全員がそろうまで優勝争いをしていられるように頑張る」と話しており、前半戦での実戦復帰を目指す。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年5月18日のニュース