首位でも緩めない手綱 阪神・矢野監督が精彩欠いた中継ぎ陣の入れ替えを明言

[ 2021年5月18日 23:03 ]

セ・リーグ   阪神3ー14ヤクルト ( 2021年5月18日    甲子園 )

<神・ヤ(8)>試合終了後、観客に一礼してベンチにひきあげる阪神・矢野監督(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 試合後、阪神の矢野監督は13四死球、14失点を喫した投手陣について言及した。

 5失点と精彩を欠いた西勇については「際どいところボールと言われたら、甘く入るというのはもちろんあるし。勝負にいってるところではっきりボールになるところもあった。ボール自体が悪いとかはない。ボールを低めに集めてというところでは若干、コントロールが悪かったのかなと」と評した。

 また、2番手以降、登板した3投手すべて失点した中継ぎ陣に関しては「もちろん」と2軍との入れ替えを実施することも明言。また、足の張りを考慮してスタメンを外れた糸原については「すぐスタメン復帰という感じではない。あんまり無理もさせられない。ちょっと様子見ながら、休ませながら状態がどうなっていくのか見ていく」と慎重に状態を見極める方針を口にした。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年5月18日のニュース