巨人・戸郷 広島戦に先発へ「チームの勝ちにつながる投球を」

[ 2021年5月18日 05:30 ]

巨人・戸郷
Photo By スポニチ

 巨人・戸郷翔征投手(21)が、18日の広島戦(東京D)に先発する。今季3勝目を目指す右腕は「先頭を抑えてテンポ良く、チームに勢いを持ってこれるピッチングがしたい」と力を込めた。

 再調整のために4月25日に選手登録を抹消。復帰戦となった前回11日のDeNA戦(横浜)では、勝敗は付かなかったものの6回2失点と粘投した。広島には、今季2試合に投げてまだ勝ち星がないだけに「ここのところ、納得できるような投球ができてないので、しっかりチームの勝ちにつながる投球がしたいです」と意気込む。

 エース・菅野が右肘違和感で戦列を離れる中、若き右腕への期待は大きい。自身1カ月ぶりの白星を手にして、首位・阪神を追うチームに勢いを与えたい。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年5月18日のニュース