中日 貧打線が激変 今季最多タイ13安打を放ち、連敗を3でストップ

[ 2021年5月18日 21:21 ]

セ・リーグ   中日5ー1DeNA ( 2021年5月18日    横浜ス )

<D・中(10)>4回2死一、二塁、右前適時打を放つ中日・ビシエド(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 中日は打線が今季最多に並ぶ13安打と爆発。連敗を3で止めた。

 初回2死一、三塁から高橋周の左前適時打で先制点を奪うと、2回には京田が2点打。4回には不振が続いていた主砲・ビシエドにも16打席ぶりの安打となる適時打が飛び出し、リードを広げた。

 援護に守られた小笠原も6回無失点で3勝目を挙げた。

 貧打、得点力不足に悩んでいた打線が敵地で暴れ、DeNAに快勝した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「稲葉篤紀」特集記事

2021年5月18日のニュース