オリックス・宮城 球団史上初の10代開幕5連勝へ意欲「チームも勝つし、自分の自信にもなる」

[ 2021年5月18日 05:30 ]

オリックス・宮城(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 球団史上初の開幕5連勝を狙う。オリックス・宮城が、18日のロッテ戦(京セラ)に向けて連勝記録更新へ意欲を示した。

 「チームも勝つし、自分の自信にもなるので、できるだけ(連勝を)続けていきたい」

 前回11日の日本ハム戦は8回1失点で4勝目を挙げ、3月27日の西武戦から6試合で無傷4連勝中。ドラフト制以降、球団10代投手の開幕から無傷4連勝は前身の阪急時代78年三浦広之(先発3、救援1)、18年山本の救援4連勝に続く3人目だ。人間機関車と呼ばれ、歴代2位の通算350勝を挙げた米田哲也もなし得なかった球団史上初の開幕5連勝という偉業に挑む。

 注目される存在となっても、同学年の「令和の怪物」ロッテ・佐々木朗をライバル視する。16日の西武戦で5回4失点デビュー(勝敗つかず)だった右腕について、「気になるというか、絶対に出てくる。同級生を引っ張るのは佐々木。僕も負けないように、いつか一緒に引っ張れるように」と飛躍を誓った。(湯澤 涼)

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年5月18日のニュース