オリックス・モヤをノせたら怖い 6回に右翼ポール際へ4号ソロ 今季初の1試合2発

[ 2021年5月18日 20:27 ]

セ・リーグ   オリックスーロッテ ( 2021年5月18日    京セラD )

<オ・ロ(10)>6回無死、勝ち越しのソロを放ったオリックス・モヤは天に向かって2本目サイン(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 オリックス、スティーブン・モヤ外野手(29)が自画自賛の勝ち越し弾を放った。

 4―4の6回無死、ロッテ2番手・鈴木のスライダーを捉えた打球は弾丸ライナーで右翼ポール際へと飛び込んだ。2回1死からの4号ソロに続く、今季初の1試合2本塁打だ。

 「インコースを攻められていたけど、気持ちを変えずに、いいスイングをしようと思って打席に入っていたよ。感触も良かったし、勝ち越しのホームランになってよかった」とコメントした。

続きを表示

「始球式」特集記事

「稲葉篤紀」特集記事

2021年5月18日のニュース