楽天・島内が今季6度目猛打賞 「気を遣ってバット贈呈してくれる」仲間に感謝も、内田には…

[ 2020年8月12日 21:10 ]

パ・リーグ   西武―楽天 ( 2020年8月12日    メットライフD )

<西・楽>7回2死一、二塁、右中間を破る適時三塁打を放つ島内(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 楽天・島内が今季6度目となる3安打猛打賞をマークした。

 2回1死で左翼線二塁打。内角低めのボールをゴルフのようなスイングで逆方向にはじき返した。

 4回には今度は右翼線二塁打。左へ右へと打ち分け、いずれも得点をマークした。

 そして7回には、2死一、二塁で右中間へ2点三塁打だ。

 島内によると「最近打てていなくて、みんなが気を遣ってバットを贈呈してくれる」という。「みんなの魂が乗りうつりました。楽天魂です」。

 しかし「でも、内田だけバットをくれなくて。頼むよ内田」とコンプリートへ「おねだり」も忘れなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月12日のニュース