高岡第一 田中11K完封で39年ぶり夏V!監督は前回V戦士「素直にうれしい」

[ 2020年8月12日 05:30 ]

富山大会決勝   高岡第一1-0石動 ( 2020年8月11日    富山市民 )

 高岡第一のエース・田中誠央(まお=3年)が11三振を奪う完封劇で39年ぶり夏の頂点へ導いた。散発6安打に抑え、無四球。6回1死三塁から4番・清水の左前適時打で得た唯一の得点を130球の力投で守り抜いた。

 前回優勝した81年に2年生ながら「4番・捕手」の主軸を担った村本忠秀監督は母校監督に就任して今年が5年目。空白の時間を埋め「優勝は素直にうれしい。自分たちで頑張ってくれた。甲子園には出られないが、選手は例年にない成長をしている。独自大会の開催に感謝したい」と喜びをかみしめた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月12日のニュース