法大ドラフト候補左腕・鈴木、6回11K零封 チーム初勝利貢献「真っすぐで押せたのが良かった」

[ 2020年8月12日 05:30 ]

東京六大学野球第2日   法大6―3東大 ( 2020年8月11日    神宮第1 )

<六大学野球 東大・法大>法大の先発・鈴木(撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 今秋ドラフト候補の法大左腕・鈴木が先発で6回を3安打無失点、毎回の11奪三振でチームの今季初勝利に貢献した。「序盤真っすぐが走っていたので押せたのが良かった」。

 この日の最速は148キロ。リーグ戦は2勝目で青木久典監督は「エースとしてよく投げてくれた」とねぎらった。視察した楽天の後関昌彦スカウト部長も「高校(常総学院)よりスピードは上がっている」と評価していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月12日のニュース