阪神・梅野 目前敬遠に燃えた 井納をKO打

[ 2020年8月12日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神9-2DeNA ( 2020年8月11日    横浜スタジアム )

<D・神(11)> 6回2死一、二塁、適時二塁打を放ちガッツポーズを決める梅野(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 相手を突き放す阪神・梅野の大きな一打だった。

 同点の6回にサンズの適時打で1点を勝ち越し、なおも2死二塁でボーアは敬遠。いわゆる“なめられた”状況に燃えないわけがなかった。1ボール1ストライクから甘く入ったスライダーを三塁線を破る適時二塁打とし、それまで2打席2三振とやられっぱなしだった井納をマウンドから引きずり降ろした。

 「ガルシアがすごく粘り強く投げてくれていますし、サンズが打ってくれた後に何としてももう1点欲しかったので、打つことができて良かったです」

 ガルシアが今季初勝利を目指して力投を続けていただけに、勝ち越しの1点だけにとどまらなかった意義は大きい。扇の要がリードだけでなく、自らのバットで援護点をプレゼントし、助っ人左腕を勇気づけた。8月は全試合に先発し、5戦連続安打。9回2死満塁では8点目となる右翼への犠飛を放ち、2打点と勝利に貢献した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月12日のニュース