鹿児島城西・八方 3失点も手応え 2回全アウト三振にガッツポーズ「素直にうれしくて」

[ 2020年8月12日 17:06 ]

2020年甲子園高校野球交流試合   鹿児島城西1―3加藤学園 ( 2020年8月12日    甲子園 )

<高校野球交流試合 加藤学園・鹿児島城西>力投する鹿児島城西・八方(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 ともに春夏通じて初出場同士の一戦で鹿児島城西は敗れた。

 先発の八方悠介投手(3年)は140キロ台の直球とスライダーやスプリットを武器に力投も、6回に先制点を献上。8回は右中間にランニング本塁打を打たれて、7回2/3、3失点で降板した。「得点圏に出ても抑えるのが持ち味だけど、味方の守備のミスをカバーできなかったのは、自分の責任」と話した。

 手応えもつかんだ。2回はアウト3つをすべて三振で取った。「三振を取りに行って取れたので素直にうれしくて」と、ガッツポーズも飛び出した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月12日のニュース