打撃好調DeNA神里が右前適時打で「うれしい」追加点

[ 2020年8月12日 19:30 ]

セ・リーグ   DeNA―阪神 ( 2020年8月12日    横浜 )

<D・神>2回2死三塁、神里は右前適時打を放つ(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 DeNAの神里和毅外野手が貴重な追加点をたたき出した。

 2―1の2回。先頭の柴田が四球で出塁すると、高城と浜口がいずれも犠打を決めて2死三塁。神里は青柳の外角低めの変化球を拾い、右前へ運んだ。「送りバントで作ってくれたチャンスだったので、強い気持ちを持って積極的にいきました。追加点を挙げることができうれしいです」と喜んだ。

 11日は出番がなかったが、4日に先発起用されてから7試合で30打数12安打、打率は4割。今季初めてリードオフマンを務めると、初回の第1打席でも右前打を放つなど絶好調だ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月12日のニュース