明豊 ベンチ入り20人全員出場!川崎監督「今までお世話になった人に感謝を」

[ 2020年8月12日 05:30 ]

2020年甲子園高校野球交流試合   明豊4―2県岐阜商 ( 2020年8月11日    甲子園 )

<甲子園高校野球交流試合 県岐阜商・明豊>ベンチ入り20人全員が出場して勝利を飾り、校歌を斉唱する明豊ナイン(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 例年の18人ではなく、交流試合は20人がベンチ入りできる。明豊はその20人が全員出場して勝ち切った。川崎絢平監督は「皆で苦しんで、乗り越えてきたから一人でも多くの力を集結させたかった。こういう舞台に出させてあげるのが今までお世話になった人に感謝を示すことになる」と語った。

 昨年のセンバツで2年生エースとして4強入りに貢献した左腕・若杉晟汰(3年)が7回6安打1失点。「この1試合に思いを懸けていました」と笑顔を輝かせた。幼少期に手にやけどを負ったことがきっかけで、左投げ右打ちになったが、憧れの地で輝いた。
 試合後、若杉はプロ志望を明言。「(投球がアピールに)なってくれていたらうれしい」と話した。(柳内 遼平)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月12日のニュース