平田ナインへ届け!教室で全校応援実施 織部教頭「勇気をもらえる試合でした」

[ 2020年8月12日 05:30 ]

2020年甲子園高校野球交流試合   平田0―4創成館 ( 2020年8月11日    甲子園 )

<甲子園高校野球交流試合 創成館・平田>スタンドから試合を見る平田高校の関係者ら(撮影・河野 光希)
Photo By スポニチ

 力の限り戦う平田ナインを、地元も全力で後押しした。

 島根県出雲市の同校では試合時間に合わせて全校応援を実施。密集を防ぐため、3学年4クラスずつ計12教室に設置したスクリーンにテレビ映像を映した。生徒、教員合わせて約450人は声を出すことなく、拍手やメガホンを叩いて応援。織部道雄教頭は「平田高校らしさを随所に見せてくれました。見ている者が勇気をもらえる試合でした」と選手の奮闘を称えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月12日のニュース