新バットマン出現?! 鼻骨骨折の阪神・小幡が“鳥谷スタイル”のフェースガード装着

[ 2020年8月12日 05:30 ]

ウエスタン・リーグ   阪神1-5オリックス ( 2020年8月11日    オセアンBS )

<ウエスタン オ・神>  フェイスガード姿も痛々しい小幡     (撮影・成瀬 徹) 
Photo By スポニチ

 真夏の舞洲に、かつての“バットマン”をほうふつとさせる姿があった。8日のウエスタン・リーグ広島戦で自打球を顔面に当てて鼻骨を骨折した阪神・小幡が、11日の同・オリックス戦に「7番・遊撃」で3試合ぶりに先発復帰。黒色のフェースガードを付けて2安打1四球、2盗塁と躍動した。

 「まだ付けたばかりなのでちょっと違和感がありますけど、全然バットを振っても問題なかったので。いつも通り思い切ったプレーで動けました」

 2回2死で迎えた第1打席に元阪神・竹安の初球を右前打とすると、次打者・藤谷の5球目に二盗を成功。7回1死の第3打席では四球を選んだ直後、再び藤谷の4球目にスタート。完璧に投手のモーションを盗み、リーグトップ7個目の盗塁を成功させた。

 「常に走る、盗塁する思いでランナーをやっているので。良かったかなと思います」

 前日10日の同戦に7回から途中出場して実戦復帰したが、その日は発注が間に合わず、この日初めてフェースガードを着用。かつて鳥谷(現ロッテ)が17年5月24日の巨人戦で顔面に死球を受けたが、翌日以降もフェースガードを付けて試合に出続けたことを知っていた。

 「自分の場合は自分のせいでやっているんで。それに比べて鳥谷さんはデッドボールで次の日も出るという。そういうところはすごいなと(自分が)付けて感じました。(出続ける姿勢を)見習っていきたいですね」

 歴代2位の1939試合連続試合出場を誇った同じ遊撃の大先輩の心意気を継承していくことを誓った。 (阪井 日向)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月12日のニュース