天理 強力打線沈黙…有終の美飾れずも満足感「甲子園は他とは比べものにならない雰囲気だった」

[ 2020年8月12日 05:30 ]

2020年甲子園高校野球交流試合   天理2―4広島新庄 ( 2020年8月11日    甲子園 )

<甲子園高校野球交流試合 天理・広島新庄>広島新庄に敗れた天理ナイン(撮影・平嶋 理子)
Photo By スポニチ

 天理(奈良)は昨秋の近畿大会で履正社、大阪桐蔭の大阪勢を連破して優勝した強力打線が散発6安打と沈黙。広島新庄の先発秋田駿樹(3年)の緩急に苦しんだ。

 打線をけん引する1番の下林源太主将(3年)も無安打に「思い通りのスイングができなかった」と脱帽した。6日に奈良県の代替大会で優勝したが、有終の美は飾れなかったものの、下林は「甲子園は今までのどの大会とも比べものにならない雰囲気だった」と満足感を漂わせた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月12日のニュース