立大・池田陽 春季L初戦白星!斎藤佑以来の1年生の快挙 昨夏奥川と激闘右腕「大きな刺激に」

[ 2020年8月12日 05:30 ]

東京六大学野球第2日   立大4―3明大 ( 2020年8月11日    神宮第2 )

<六大学野球 明大・立大>勝利を喜び合う池田陽(中央)ら立大ナイン(撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 1回戦総当たりによる2試合が行われ、初戦に臨んだ立大と法大が勝った。立大は4番手の池田陽佑投手(1年)が2回を1安打無失点に抑え、初登板初勝利。春季リーグの初戦で1年生が白星を挙げる快挙となった。法大は鈴木昭汰投手(4年)の好投で、粘る東大を振り切った。

 1点差の9回無死二塁のピンチを切り抜けた池田陽は先輩の祝福に照れた。「神宮でやっと投げられたのが本音です。ワクワク感の方が大きかった」。コロナ禍で遅れた春季リーグ戦。チームの一員となれた実感が湧いた。

 同点の8回に登板。投げ合った明大の抑えで今秋ドラフト候補の入江との投げ合いにも臆するところはない。最速144キロの直球を武器に点を許さず、初登板初勝利し「チームを背負って投げる重圧はあったけど、宮さん(慎太朗主将)に“おまえが打たれたら仕方ない”と声を掛けてもらってピンチでも押し返せた」と胸を張った。

 昨夏の甲子園では智弁和歌山のエースとして3回戦で救援登板。星稜・奥川(現ヤクルト)との投げ合いで延長14回タイブレークの末にサヨナラ本塁打を浴び「あの一球をなくそうと意識を高めている」という。U18W杯でともに戦った奥川らの近況を知るたびに「大きな刺激になる」とライバル心を燃やし、1年生投手としては07年の早大・斎藤(現日本ハム)以来となる快挙を成し遂げた。(伊藤 幸男)

 ◆池田 陽佑(いけだ・ようすけ)2001年(平13)11月17日生まれ、京都府出身の18歳。小2で野球を始め、智弁和歌山では1年秋からベンチ入り。4度甲子園に出場し、2年春のセンバツで準優勝。3年時には高校日本代表に選出された。1メートル83、92キロ。右投げ右打ち。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月12日のニュース