巨人・丸 広島時代以来5年ぶり6番で先発、2回に強烈打球で失策誘う

[ 2020年8月12日 18:53 ]

セ・リーグ   巨人―ヤクルト ( 2020年8月12日    東京D )

<巨・ヤ>丸(左)に笑顔で話しかける原監督(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 巨人・丸佳浩外野手(31)が、移籍後初めて6番に入った。6番は広島時代の15年8月以来5年ぶりだ。

 巨人でも主に主軸や上位を任されてきたが「6番・中堅」で先発出場し、第1打席は0―1の2回。原樹のシュートを捉え、三塁への強い打球が失策を誘った。続く北村が犠打を決め、1死二、三塁と好機を広げると吉川尚が右前に打球を落とす2点二塁打で逆転した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月12日のニュース