鹿児島城西・佐々木誠監督 甲子園初陣にゾクッ「これが高校野球かと」

[ 2020年8月12日 22:19 ]

2020年甲子園高校野球交流試合   鹿児島城西1―3加藤学園 ( 2020年8月12日    甲子園 )

<高校球交流試合 加藤学園・鹿児島城西> 甲子園初勝利とはいかなかったが、笑顔の鹿児島城西・佐々木監督 (撮影・平嶋理子)
Photo By スポニチ

 元ダイエー、西武、阪神で通算1599安打を放った鹿児島城西の佐々木誠監督(54)が高校野球の指導者として聖地の土を踏み、「球場に入るときゾクっとして、これが高校野球かと。心地良い時間でした」と振り返った。

 チームは敗れたが、最終回に3年生の活躍で1点を取り「なんとか3年生で1点とれたのは良かった」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月12日のニュース