ロッキーズのブラックモンがダイヤモンドバックス戦で3安打 打率はついに5割に到達

[ 2020年8月12日 15:40 ]

打率が5割に到達したロッキーズのブラックモン(AP)
Photo By AP

 ロッキーズのチャーリー・ブラックモン外野手(34)が11日、地元デンバーで行われたダイヤモンドバックス戦に「3番・右翼」で先発。4打数3安打1打点と活躍し、今季18試合での打率は通算68打数34安打となって前日の・484から5割ちょうどにアップした。

 ロッキーズ一筋10シーズン目のブラックモンは過去3割台の打率を4回記録し、2017年には・331でナ・リーグの首位打者に輝いた。新型コロナウイルスの影響で60試合に短縮された今季は開幕から9打数ノーヒットと精彩を欠いたが徐々に打率を挙げ、7月26日のレンジャーズ戦から15試合連続でヒットを記録。マルチ安打は6試合連続となってついに打率が5割の大台に到達した。

 今季のメジャーの最高打率はブラックモンの5割で、ジャイアンツのドノバン・ソラーノ遊撃手(32)が・458(59打数27安打)で2位につけている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月12日のニュース