巨人・丸 5年ぶり6番で26打席ぶり安打!すかさず盗塁も成功

[ 2020年8月12日 20:05 ]

セ・リーグ   巨人―ヤクルト ( 2020年8月12日    東京ドーム )

<巨・ヤ>5回1死、中前打を放つ丸(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 巨人・丸佳浩外野手(31)が6試合26打席ぶりの安打を放った。5―1の5回1死で迎えた第3打席。ヤクルトの3番手・中尾の直球を中前に弾き返し、すかさず今季3つ目となる盗塁も決めた。

 5年ぶりに6番で出場。2回の第1打席は三塁を襲う強烈な打球を放ち(記録は失策)、復調を予感させていた。3回の第2打席は空振り三振に倒れ、連続無安打を自己ワーストの25打席に更新していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月12日のニュース