阪神・青柳 6回途中4失点 5勝目の権利得る

[ 2020年8月12日 20:41 ]

セ・リーグ   DeNA―阪神 ( 2020年8月12日    横浜 )

<D・神>4回、バックの好守に笑顔を見せる青柳(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 中4日で先発した阪神・青柳は6回途中4失点。苦しみながら5勝目の権利を得た。

 初回に佐野の適時打で2点を先制され、3回には神里にも適時打を浴び、序盤に3点を失う苦しい立ち上がり。3回以降は修正し、追加点を与えなかったものの、6回先頭の中井に中前打を打たれたところで、能見との交代を告げられた。

 その後、能見が広げられたピンチで登板したガンケルが戸柱に打たれて、青柳に失点がついた。5回0/3で4失点。勝ち投手の権利はなんとか手にしたが、快投とは言えない投球内容だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月12日のニュース