ヤクルト・青木、野手登板に賛同 自身もメジャーで経験「そういう楽しみがあっていいんじゃないか」

[ 2020年8月12日 05:30 ]

ヤクルト・青木
Photo By スポニチ

 ヤクルトの青木が巨人の原監督が大量リードを許した6日の阪神戦で野手の増田大を登板させたことについて「失礼だという考えも分かる。答えなんてない」と前置きした上で「良いと思う。ファン目線で見てもほぼ勝ち目がなくなった時にそういう楽しみがあっていいんじゃないか」と話した。

 自身もアストロズ時代の17年にヤンキース戦に登板。1回3失点だったが、同年に本塁打王を獲得したジャッジを中飛に抑え「チームメートに打ち取り方を聞かれた」と振り返った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月12日のニュース