鹿児島城西・佐々木誠監督、甲子園初陣飾れずも「非常に楽しめました」

[ 2020年8月12日 16:13 ]

2020年甲子園高校野球交流試合   鹿児島城西1―3加藤学園 ( 2020年8月12日    甲子園 )

鹿児島城西・佐々木監督(撮影・平嶋理子)                                                            
Photo By スポニチ

 鹿児島城西は加藤学園に1―3で敗戦。プロ野球のダイエー、西武などで活躍した佐々木誠監督の甲子園初陣を飾ることはできなかった。

 「負けましたけれども、非常に楽しめました」と語った佐々木監督。「前半にチャンスはあったが、あと一本が出ずに点が取れなかった。中盤、後半に点を取られて苦しい展開になった」と試合を総括した。

 3点を追う9回には、代打・砂川の二塁打などで1点を返した。指揮官は「最後に3年生で1点を取れたことはよかった」と意地を見せた3年生をねぎらった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月12日のニュース