ソフトB・千賀 4勝目も…反省しきり「情けない」

[ 2020年8月12日 05:30 ]

パ・リーグ   ソフトバンク8―7オリックス ( 2020年8月11日    ペイペイD )

<ソ・オ>5回、逆転を許しガックリとベンチに戻る千賀(右は川瀬)(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 ソフトバンク先発の千賀は6回を投げてチームトップに並ぶ4勝目を挙げたが、川瀬の2失策もあった5回にT―岡田に満塁弾を浴びるなど6失点。自責は0ながら「ピンチで粘ることができず悔しい。初回から援護してくれたのに情けない」と反省ばかりが口を突いて出た。

 それでも、この日最速の159キロ直球とフォークの切れが良く、9奪三振。自身とともにパ・リーグを代表する山本との初めての投げ合いで、序盤は相手に付け入る隙を与えなかった。工藤監督は「今日の立ち上がりを見て、前よりは1週間の中で工夫したところが見えた」と受け止めた。

 ▼ソフトバンク川瀬(二塁守備で5回に2失策)千賀さんにもチームにも迷惑を掛けてしまった。絶対に出塁してつなぎたかったし、柳田さんが打ってくれてチームが勝ってくれて良かった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月12日のニュース