創成館・背番20岩崎 代打で出場「Hランプに感動」 三塁コーチャーでも活躍「準備と分析をしてきた」

[ 2020年8月12日 05:30 ]

2020年甲子園高校野球交流試合   創成館4―0平田 ( 2020年8月11日    甲子園 )

<甲子園高校野球交流試合 創成館・平田> 8回無死、内野安打を放つ創成館・岩崎(撮影・平嶋 理子)
Photo By スポニチ

 創成館の三塁コーチャーを務め、背番号20でベンチ入りした岩崎聖英(3年)が8回に代打で出場。遊撃への内野安打で出塁した。「ヒットランプがついたのを見て感動しました」と話した。

 三塁コーチャーは得点を左右するポジション。「準備と分析を頑張ってきた。今日も相手のシートノックをしっかり観察して、腕を回すことができた」と胸を張った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月12日のニュース