×

競馬オークス中継でまさかの事態 レース中にCM入りゴールまで中継できず…視聴者困惑と怒り

[ 2022年5月22日 16:08 ]

<東京11R オークス>オークスを制したルメールはスターズオンアース(中央)の鞍上で雄叫びを上げる (撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 カンテレの競馬番組「競馬BEAT」(日曜後3・00)でまさかの事態が発生した。

 3歳牝馬クラシック第2弾のG1・オークス(東京競馬場 芝2400メートル)はサウンドビバーチェがスタート前に放馬して捕獲するのに時間がかかり、10分以上遅れてゲートイン。カンテレではレース中にCMが入り、ゴールまで中継できなかった。

 番組のエンディングでスターズオンアースの2冠達成のシーンは流れたが、視聴者はライブで確認できず。ツイッターでは「レース中」がトレンド入り。視聴者の怒りや困惑の声であふれた。

 一方、フジテレビ「みんなのKEIBA」(日曜後3・00)ではレース映像を最後まで生中継し、時間“ギリギリ”で放送終了。

 アクシデントがありながらもキレイにまとまった中継にネット上からは「フジテレビ見れる地域の人が羨ましい」「さすがフジテレビ」「関西ではレース中にCM差し込まれたの?」と称賛。

 ただ今回の「競馬BEAT」は東海テレビが制作。“勘違い”からフジテレビに対する批判も殺到しており「関西テレビ系が別の競馬番組やってて途中でCM入れたのが悪いのになぜか最後まで中継したフジテレビがとばっちりを食らう」「え?フジテレビは悪くないよ」「フジテレビ叩いてる人は関東で中継を見ていないの確定」など様々な意見が飛び交っていた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2022年5月22日のニュース