×

櫻坂46渡邉理佐がグループ初の卒業コンサート開催「これがお別れじゃないです」

[ 2022年5月23日 00:00 ]

卒業コンサートを行った櫻坂46の渡邉理佐
Photo By スポニチ

 櫻坂46渡邉理佐(23)の卒業コンサートが21、22日、東京・国立代々木競技場第1体育館で開催された。改名前の「欅坂46」時代から、卒業メンバーに焦点を当てた“卒業コンサート”の実施はグループとして今回が初。アンコールでは真っ白なロングドレスで登場し、「たくさんのいとおしい瞬間を皆さんと共有できてうれしい。これからも櫻坂46と渡邉理佐の応援をよろしくお願いします!」と涙ながらに語った。

 新曲「五月雨よ」や、改名後初披露となる「僕たちの戦争」など全20曲をパフォーマンスし、2日間で2万4000人を動員した。2日目のアンコールではキャプテンの菅井友香(25)と派生ユニット「青空とMARRY」(以降、青マリ)の全曲メドレーを歌い上げ、会場のボルテージはさらにヒートアップ。渡邉は「私が青マリの曲を全部やりたい!って提案。久しぶりにできて楽しかった」と話すと、菅井も「理佐とまたできるなんて思わなかった。一生忘れない!」と2人で笑い合った。

 2015年8月に欅坂46の1期生として加入。1メートル67のすらりとした長身とクールビューティーな顔立ちで、17年にはグループとして初めて人気女性ファッション誌「non―no」の専属モデルに抜てき。中心メンバーとして活躍してきた。

 この日の公演をもって卒業するが、今後も芸能活動を続ける。最後にはメンバー全員から一輪のひまわりが手渡され、それぞれから愛と感謝が込められたメッセージを受け取った。渡邉は「皆さんのおかげで今日を迎えることができた。これがお別れじゃないです。また会いましょう!」と深く一礼。笑顔で約7年間のアイドル人生に幕を下ろした。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2022年5月22日のニュース