×

草なぎ剛「面白いね。台本もないし」 海原やすよ・ともこと深いフリートーク

[ 2022年5月22日 20:40 ]

草なぎ剛
Photo By スポニチ

 俳優の草なぎ剛(47)が、22日放送の読売テレビ「草彅やすとものうさぎとかめ」(日曜後0・35)に出演。同じくMCで、漫才コンビ「海原やすよ・ともこ」と、フリートークで「死」について語る一幕があった。

 番組の冒頭、海原ともこから「死ぬの怖いタイプですか?」と聞かれた草なぎは「多分、めちゃくちゃ怖いと思う」と想像。「私も一緒」という海原やすよが「(姉は)平気なタイプなんです」と、ともこを紹介すると、草なぎは「本当? そういう方、いらっしゃいますよね」と興味津々な姿勢を見せた。

 すると姉のともこは「やすよは(死後に)焼かれるのも嫌で、ホルマリン漬けみたいにしてほしいんですって。私は嫌なんです」と明かし、やすよは「怖いですね」とポツリ。思わず草なぎも「そうなんだ。でも、意識ないからさ。その後はどうにでもいいや、と。それまでが怖い」と死後について想像した。

 やすよは「(それまでの人生が)楽しければ楽しいほど怖い」と本音を語ると、草なぎは「何で、怖くないんですか。昔から?」と、ともこに質問。「はい。やすよは小さい頃から“お母さんが死んだらどうしよう”と夜中に言うタイプなんですけど、私は眠たいんですよ」と幼い頃を回想し、やすよも「結果の出ないこと言うな、とよく(姉に)怒られてました」と振り返った。

 さらにやすよは「(ともこは)楽しそうって。(死後の世界)向こう行ったら」と明かすと、草なぎは「へ~。その感覚良いかもしれない」と前のめりに。「考えられへん」と姉妹がともに首をひねる討論を聞き入っていた草なぎは、今後も番組でフリートークをすることに「面白いね。台本もないし」と乗り気だった。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「矢沢永吉」特集記事

2022年5月22日のニュース