オリックス 今季初のロッテ戦連勝 T―岡田 2日がかりで「サイクル超え」

[ 2020年10月25日 05:30 ]

パ・リーグ   オリックス3―0ロッテ ( 2020年10月24日    京セラD )

4勝目のアルバース(左)と先制の15号ソロを放ったT-岡田(撮影・成瀬 徹)
Photo By スポニチ

 オリックスのT―岡田が2日がかりで「サイクル超え」を果たした。初回1死、2ボールからロッテ先発・古谷の外角速球を強振した一撃は右翼5階席に着弾。2試合連発となる15号の先制ソロで流れを呼んだ。

 「しっかり準備をして1打席目からいいスイングをかけられている結果だと思います」

 23日のロッテ戦で第1打席で犠飛を放つと2打席目から本塁打、右前適時打、適時二塁打を記録。三塁打が出ればサイクル安打となる8回の打席で代打を送られており、一夜明けたこの日の第1打席で三塁打を超える一発を披露した。5打席連続打点にもなり今季初のロッテ戦2連勝に貢献。中嶋監督代行も「ファーストストライクをバチンと捉えるのは、非常に調子が良いのかなと」と称えた。

 残りは12試合。17年以来の規定打席到達まで、あと「40」とした背番号55は「到達できるのであれば。そこは僕が決めることではないので、来年にいい形でつなげたい。それだけです」と力を込めた。(湯澤 涼)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月25日のニュース