ソフトバンク・周東 9試合連続&10月19盗塁で球団記録タイ

[ 2020年10月25日 13:10 ]

パ・リーグ   ソフトバンク―西武 ( 2020年10月25日    ペイペイD )

<ソ・西>初回無死一塁、打者・中村晃の時に一走・周東は二盗成功(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 ソフトバンク・周東が南海・島野育夫が持つ球団記録に並ぶ9試合連続盗塁をマークした。初回、先頭で中前打を放ち、二盗に成功。月間19盗塁は南海時代の64年に広瀬叔功がマークした球団タイ記録となった。また、71年の福本豊(阪急)が達成した11試合連続のプロ野球記録にも、あと2試合に迫った。

 「1番・二塁」で先発出場すると、いきなり初回に中前打で出塁。続く2番・中村の3球目で二盗を仕掛けた。相手捕手の岡田は投げることができず、周東の盗塁は成功。さらに、1死二塁となってから3番・柳田の中前適時打で一気に先制のホームを踏んだ。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月25日のニュース