巨人・坂本、偉業へまた一歩前進 6戦ぶりノーヒットから一夜、二塁打放つ 2000安打へあと11本

[ 2020年10月25日 16:42 ]

セ・リーグ   巨人―阪神 ( 2020年10月25日    東京D )

<巨・神>4回2死、坂本はチーム初安打となる二塁打を放つ(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 巨人の坂本勇人内野手(31)が阪神戦(東京D)の4回に中堅への二塁打を放ち、通算2000安打にあと11本とした。

 「3番・遊撃」で先発出場した坂本は0―2で迎えた4回の第2打席で阪神先発右腕・秋山が投じた初球の外寄り140キロ直球を弾き返した。

 22日のヤクルト戦(神宮)まで4試合連続マルチ安打だった坂本は前日24日の阪神戦(東京D)では6試合ぶりのノーヒットに終わったが、7打席ぶり安打でまた一歩偉業達成へ前進した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月25日のニュース