ロッテ 貧打深刻 今季ワースト6連敗 CS出場権の2位確保も正念場

[ 2020年10月25日 05:30 ]

パ・リーグ   ロッテ0―3オリックス ( 2020年10月24日    京セラD )

選手交代を告げる井口監督
Photo By スポニチ

 首位ソフトバンクは9・5ゲーム差とはるか先。振り返れば3位・西武は、2ゲーム差と危険水域に突入した。ロッテは投打の歯車がかみ合わず、今季ワーストとなる泥沼の6連敗。井口監督は「つながらないですね」と力なくこぼした。

 深刻な貧打だ。前日に今月初めて2桁安打を記録したが、この日は再び4安打と沈黙。リーグ2位の今季11度目の零敗となった。一時は、首位ソフトバンクをゲーム差なしまで追い詰めながら急失速。指揮官は「他チームを見るより、自分たちの野球をやらなければならない。つないで、球を投げさせる。それを1年間やって、今の順位にいる」と原点回帰を訴えた。

 プロ初先発だった2年目・古谷も不完全燃焼に終わった。4回に3連続四球に2暴投などで自滅し3回1/3を3安打2失点。ここまで3度の先発予定が、全て雨天中止。4度目の正直となったが「緊張したが、言い訳にならない」と反省するしかなかった。

 優勝争いが一転、CS出場権の2位確保も正念場となった。 (横市 勇)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月25日のニュース