慶大 単独首位に!木沢 法大相手に5回1失点の好投で春のリベンジ

[ 2020年10月25日 05:30 ]

東京六大学野球第6週第1日   慶大4―1法大 ( 2020年10月24日    神宮 )

<法大・慶大>雄叫びを上げながら力投する慶大先発の木沢(撮影・河野 光希)
Photo By スポニチ

 慶大は春季リーグで競り負けた法大に雪辱した。5回5安打1失点と粘ったエース木沢は「走者を出してからの投球を課題にしていたけど、その成果が出た」と胸をなで下ろした。

 2季ぶりの優勝へ単独首位に立ったが、瀬戸西主将は「難しいのはここから」と冷静。木沢も「明日(25日)はロングリリーフがあると思って準備します」と意気込んだ。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2020年10月25日のニュース