ロッテ・藤原 プロ3度目の猛打賞マーク!“広角”に内野安打&左前打&右前適時打

[ 2020年10月25日 16:55 ]

パ・リーグ   ロッテ10―1オリックス ( 2020年10月25日    京セラD )

<オ・ロ>4回2死から左前打を放つ藤原  (撮影・成瀬 徹) 
Photo By スポニチ

 ロッテの藤原恭大外野手(20)が25日のオリックス戦(京セラD)に「1番・中堅」で先発出場し、プロ3度目の猛打賞をマークした。

 3回無死から遊撃内野安打で出塁し、三進後に中村奨の中前打で生還。4回2死からは左前打、8回1死一、二塁からは右前適時打した。

 10月6日に今季初めて1軍に昇格。3安打の猛打賞は、9日のソフトバンク戦(ペイペイD)、22日の西武戦(メットライフD)に続いて3度目となった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月25日のニュース