ハナマウイ 都市対抗初戦は四国銀行と対戦!初出場初勝利狙う

[ 2020年10月25日 05:30 ]

ポーズを取るハナマウイの本西監督(右)と四国銀行の中川監督(左)(撮影・岡村 幸治)
Photo By スポニチ

 第91回都市対抗野球大会(11月22日開幕、東京ドーム、スポニチ後援)の組み合わせ抽選会が24日、都内で開かれ、出場32チームの対戦相手が決まった。

 ハナマウイは創部2年目、公式戦参加1年目での初出場。初戦の相手は四国銀行に決まった。元オリックスの本西厚博監督は「うちの強みはノープレッシャーで開き直った戦い方ができること。選手の勢いに任せます」と意気込んだ。運営母体「江東ケアフル」はデイサービス事業を展開。選手22人中16人が同社に勤務し、全員がそろっての練習は日曜日だけ。指揮官は「競争させながら良い選手を使います」と初出場初勝利へ選手の自覚を期待した。

 ≪JFE東日本 連覇の鍵は新戦力≫前回覇者のJFE東日本は三菱自動車倉敷オーシャンズと対戦する。落合成紀監督は「力のあるチームに間違いない」と警戒しながらも「若い選手をしっかりと鍛えられた。特に投手陣で新戦力が出てきたのが去年とは違う」と2年目の上島、林、高木とルーキー・本定の台頭に手応えを口にした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月25日のニュース