阪神・陽川 巨人を突き放す特大5号2ラン

[ 2020年10月25日 15:39 ]

セ・リーグ   阪神―巨人 ( 2020年10月25日    東京D )

<巨・神23>5回2死二塁、陽川は左越え2ランを放つ(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 2点リードの5回2死一塁、阪神・陽川のバットが火を吹いた。

 「初回のチャンスの場面で打つことができなかったので、取り返すことができてよかったです。(感触は)完ぺきでした」

 カウント1―1からの3球目。巨人・畠が投じた外角高め137キロのカットボールを完ぺきにとらえた。左翼席上段に飛び込む豪快な5号2ラン。18年にマークした自己最多6本塁打にあと一本に迫った。陽川が本塁打を放った過去4試合はチームも全勝しており、9月18日以来37日ぶりのアーチは価値ある一撃となった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月25日のニュース