ロッテに続いてヤクルトも公表 ドラフト1位指名は早大・早川

[ 2020年10月25日 13:40 ]

早大の早川
Photo By スポニチ

 ヤクルトが、あす26日のドラフト会議で早大の早川隆久投手(22)を1位指名することが明らかになった。この日、都内の球団事務所で行われたスカウト会議に参加した高津監督が練習前に報道陣に対応し、公言した。すでにロッテも、早川の1位指名を公表している。

 早川は木更津総合3年時に春夏連続で甲子園ベスト8。早大進学後も1年からリーグ戦に出場し、3年時に大学日本代表として日米大学選手権にも出場した。今秋も東京六大学のドクターKとしてその力を発揮している。

 セ・リーグ最下位のヤクルトは、12球団ワーストのチーム防御率4・69と投手陣の再建が急務だ。プロ入り1年目から先発ローテーション入りが期待される早川は、その補強ポイントに合致している。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月25日のニュース