決勝点呼んだ!広島・菊池涼 攻守で「森下のために」の合言葉を体現

[ 2020年10月25日 05:30 ]

セ・リーグ   広島2―1DeNA ( 2020年10月24日    横浜 )

<D・広>完投勝利した森下(右)にウイニングボールを手渡す菊池涼(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 広島の菊池涼が決勝点を呼んだ。

 8回2死から左前打。一塁走者ではあえてリード幅を小さくし、投球動作前にギャンブル気味にスタート。投手の平田からの二塁送球もそれ、二盗を決めた。そして森下の右前打で生還。二塁守備でも再三の好守を見せた。「森下のために」の合言葉を体現し、森下にも「毎回そう言ってくれる。点を取ってくれるし、守備でも支えられています」と感謝された。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月25日のニュース