ドジャース・シーガー PSタイ8本塁打マーク!3回に右越えソロ WS第4戦

[ 2020年10月25日 10:17 ]

ワールドシリーズ第4戦   ドジャース―レイズ ( 2020年10月24日    アーリントン )

<レイズ・ドジャース>3回2死から右越えソロを放ったドジャース・シーガー(AP)
Photo By AP

 大リーグのワールドシリーズ(WS、7回戦制)、レイズ―ドジャース第4戦が24日(日本時間25日)、米テキサス州アーリントンで行われ、ド軍のコーリー・シーガー内野手(26)がポストシーズン(PS)最多記録に並ぶ8本目の本塁打を放った。

 1点リードの3回2死、レ軍の先発左腕ヤーブローの内角よりのカーブをジャストミート。高々と舞い上がった打球は右翼スタンドに飛び込んだ。

 PS8本塁打を記録しているのは、02年のバリー・ボンズ(ジャイアンツ)、04年のカルロス・ベルトラン(アストロズ)、11年のネルソン・クルーズ(レンジャーズ)、今年のランディ・アロザレーナ(レイズ)4人。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月25日のニュース