レイズ・アロザレーナ “劇的サヨナラ走”&PS新記録の9本塁打で逆転サヨナラ勝利に貢献

[ 2020年10月25日 14:06 ]

ワールドシリーズ第4戦   レイズ8―7ドジャース ( 2020年10月24日    アーリントン )

<レイズ・ドジャース>9回2死一、二塁からレイズ・フィリップスの中前打で二塁走者に続き一走・アロザレーナが生還しサヨナラ勝ち(AP)
Photo By AP

 大リーグのワールドシリーズ(WS、7回戦制)、レイズ―ドジャース第4戦が24日(日本時間25日)、米テキサス州アーリントンで行われ、レイズが8―7で逆転サヨナラ勝ちし、対戦成績を2勝2敗のタイに戻した。筒香嘉智外野手(28)は9回に代打で出場し空振り三振だった。

 レ軍の新人、ランディ・アロザレーナ外野手(25)は逆転サヨナラ勝ちを呼ぶ“激走”をみせるとともに、メジャー新記録となるポストシーズン(PS)9本目の本塁打を放った。

 4回無死からド軍の先発左腕ウリアスの外角低めの直球を捉えたライナー性の打球は、グングンと伸び右中間フェンスを越えた。WSでは、前日23日(同24日)の第3戦の9回に続いて2試合連続で2本塁打目、PSでは9本目となり、PS新記録となった。

 1点を追う9回2死一塁からは四球で出塁。続くフィリップスの中前打で激走し、三塁を回ったところで転倒しながら、守備が乱れる間にサヨナラの生還を果たした。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月25日のニュース