ロッテ・中村奨 3安打3得点で連敗脱出に貢献!「積極的に打ちに行くようにしている」

[ 2020年10月25日 17:26 ]

パ・リーグ   ロッテ10―1オリックス ( 2020年10月25日    京セラD )

<オ・ロ>5回 無死一塁か左中間に適時二塁打を放つ中村奨(撮影・成瀬 徹) 
Photo By スポニチ

 ロッテの中村奨吾内野手(28)が25日のオリックス戦(京セラD)に「3番・二塁」で先発出場し、3安打3打点でチームの連敗脱出に貢献した。

 初回1死一塁から中前打し、菅野の先制適時打をお膳立て。3回無死二、三塁からは中前2点適時打し、5回無死一塁からは左中間最深部に左中間適時二塁打した。

 試合後、お立ち台に立った中村奨は、連敗ストップし「素直にうれしいです」と笑顔。3回の2点適時打に「何とか追加点を取りたかったのでよかったと言い、5回の適時二塁打を「初球から思い切っていこうと思っていた。打順にこだわらず積極的に打ちにいくようにしている」と振り返った。27日からの首位ソフトバンクとの3連戦に向け「相手よりも自分たち。自分たちの野球をしっかりできるように頑張りたい」と話した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2020年10月25日のニュース